関連リンク

お知らせ

亡くなったときに必要

仏壇は人間が亡くなったときに用意されるものですが、亡くなってから用意すると忙しくなってしまいます。
そのため仏壇購入をするときには事前に専門店で価格を確認しておくと亡くなったときの手続きを早く済ませることができます。
仏壇購入では他にも本尊や香炉などが必要になってくるので、価格を参考にするときは一式揃えた上で価格の計算をすると細かく知ることができます。
基本的に仏壇の価格は高いですが、ずっと使うことになるため自分の気に入ったものを選ぶのが良いといえます。
仏壇は小さいものから大きいものまで多くのものがありますが、大きければ大きいほど価格も高くなります。
一生に一度の買い物である仏壇の購入は、配置場所を決めておくことで事前にスペースを確保してそれに合ったものを購入できます。
仏壇の価格だけにとらわれるのではなく、部屋に合ったものを選ぶと購入失敗を防ぐことができます。

仏壇の購入はその人が亡くなって四十九日までにしておくと良いです。
しかし、人によってはそれでも購入が間に合わない人もいるため、必ずしも四十九日ではなく一周忌に合わせて購入するのも良いとされています。
仏壇の価格は店舗によっても違いがありますが、一式で平均約50万とされています。
価格が50万の仏壇は多くあるのでその中から好きなものを選ぶことができます。
50万よりも高いものなら100万以上の価格で仏壇が販売されています。
仏壇が高価なほど何年経っても色が落ちることなく、新品のような見た目を維持することができるので、一生に一度の買い物はじっくり検討する必要があります。

注目の記事

店舗を選ぶ

仏壇購入をするときには価格やデザインだけを見るのではなく、良い仏壇店を探すことで手続きから購入まで安心して任せることができます。店員が仏壇について知識をあらゆる知識を持っていると疑問点を聞くことができます。

種類が様々

仏壇にはそれぞれ種類があり、種類によって価格も異なっています。唐木仏壇や金仏壇、家具調仏壇などといった様々なデザインのものに分かれており、デザインを意識して購入することもできます。

必要なもの

仏壇を購入するときにはその他にも本尊や仏具が必要になるので、それぞれの価格を把握しておくことで事前に見積もりを出すことができます。一式揃ってはじめて仏壇が完成します。

修理をする

仏壇を購入すればそれをずっと使い続けることになりますが、年月が経つごとに外観の輝きが薄れて、壊れる箇所も出てきます。修理価格を把握しておくことで予算を集めることができます。